トップページ
高崎市障害者虐待防止センター

群馬県高崎市箕郷町生原595
(はるな郷地域生活支援多機能センター内)

Tel 027-388-8824(虐待通報窓口)

平成26年10月1日開設

障害者虐待とは
虐待は障害者の尊厳をおびやかし、自立や社会参加を妨げます。
虐待はあってはならないことですが、虐待と気づかないまま起きているおそれもあります。

障害者虐待とは、障害を持つ人が、家族・施設職員・勤め先の人などから・・・
  ①身体的虐待
  ②性的虐待
  ③心理的虐待
  ④養育・支援の放棄・放任(ネグレクト)
     →食事や入浴、洗濯、排泄などの世話や介助をほとんどせず、障害者の心身を衰弱させること
  ⑤経済的虐待
                                              等を受けることを言います。

障害者の虐待は・・・
 ・特定の人や家族、場所でなく、どこの家庭でも起こりうる問題です。
 ・虐待をしている人に、虐待している認識がない場合があります。
 ・虐待をされている人が虐待と認識できないで、自分から被害を訴えられない場合があります。

そのため、虐待を防ぐためには、一人ひとりがこの問題を認識し、
早期に発見することが必要になります。

障害者虐待に気づいた人には、市町村の担当窓口への通報義務があります。

その窓口が、障害者虐待防止センターです。


虐待されている障害者だけでなく、虐待してる家族などが抱える問題の解決にも繋がります。
ご協力をお願いします。


業務内容
○障害者虐待防止センターでは
①障害者虐待に関しての相談・通報・届け出を、24時間・365日受け付けます。
②虐待に関係した障害者及び養護者に対する相談等を行います。
③障害者虐待の防止や養護者の支援に関して、広報・啓発活動を行います。
○対象となる方
 身体障害者、精神障害者、知的障害者、発達障害のある方、高次脳機能障害のある方、
 心身の障害や社会的な障壁によって日常生活や社会生活が困難で支援が必要な人
 (障害者手帳を取得していない場合も含まれます)

☆障害者虐待を見かけたら・・・               ハヤクツウホー
 
すぐに障害者虐待防止センター 
027-388-8824 までご連絡下さい!!
 連絡・相談した人の情報は守ります。

  * この事業は、高崎市からの委託を受け、はるな郷が行っています。