「第15回 全国障害者スポーツ大会」に 
はるな郷から 選手が出場


平成27年10月24日(土)~26日(月)に和歌山県で開催される全国障害者スポーツ大会「2015 紀の国わかやま大会」に、はるな郷地域生活支援多機能センター「にじいろ」を利用している、こがね荘陸上部の山田一貴選手が出場します。
山田選手は、車いすの部(20歳未満)で、10月24日にソフトボール投げ、10月25日に100メートル走に出場します。
日々の練習を十分発揮できるよう、皆様も応援よろしくお願い致します。


全国障害者スポーツ大会とは…


障害のある選手が、競技等を通じ、スポーツの楽しさを体験するとともに、国民の障害に対する理解を深め、障害者の社会参加の推進に寄与することを目的とした障害者スポーツの全国的な祭典です。大会は3日間の会期で開催され、全国から都道府県・指定都市の選手団約5,500人が参加し、個人競技6競技、団体競技7競技及びオープン競技が実施されます。


↓大会に関しての詳細はこちら↓


TOPへ